早期発見が大事

大工仕事

これから期待される対策とは

少し前までは木造住宅が多かったため、雨漏りトラブルも頻繁に起こっており、屋根や外壁や床下と、あらゆる場所から雨水が浸入していました。しかし近年は気密性の高い住宅に変化し、全体的に強く雨風の影響を受けにくくなっているので、雨漏りトラブルの内容も変化しています。今後期待される雨漏り対策には遮熱や断熱効果も期待されるため、大切な住宅と家族を守るためには必要な施工です。遮熱や断熱対策をする事で有害物質の侵入から保護する事ができるため、地球温暖化により変化する環境から守ります。また雨にのってやって来る有害物質の侵入を阻止できるため、家族と家の健康を守る事にも繋がる対策であり、早期施工が注目されています。

雨漏り発見時の注意点について

雨漏りは亀裂や穴から侵入してくるため、気付いたら天井にシミができていたり、室内に水が溜まる等の現象が起こります。しかし毎日監視していても気付きにくいため、大量の雨が降った時や長雨が続いた時にしか発見できない面もあります。雨漏りによって、天井に染み出した雨が天板を落下させたり、木部に侵入した雨が腐食させたり、濡れた床下をめくったらカビている等、様々な症状が起こります。この状態を放置してしまうと、住宅構造を弱らせる事にも繋がるため、健康的な住宅を取り戻すためには丁寧な観察を行います。