住宅の修理を手掛ける

屋根と空

雨漏りについて関すること

便利になったこの世の中昔のように雨漏りがない人がほとんどでしょう。しかしそれは大間違いで、古民家などに住んでいるお年寄りなどは雨漏りに悩まされている方もいます。家を買い替えたくてもお金がないし、長く生きるわけではないからといって雨漏りに耐えている人もいます。そんな人がいるということを知っておいてください。雨漏りを直す方法はいくつかありますが、どれもお年寄りがやるには大変です。業者に頼んだほうが楽なのですが、お金がばかになりません。とても高額です。

起きる場所、発生箇所

では、雨漏りはどういった状況で発生するのでしょう、またどの個所が雨漏りになりやすいのでしょうか。そこを詳しく見ていくことにします。どういった状況で発生するのかというとこれは雨が降り始めたというだけでも起きます。豪雨や台風を想像した人もいるかもしれませんが実はポツポツと雨が降り始めただけでも脆い部分があれば起きることがあります。雨漏りが発生する箇所ですが、これは一つではありません。たとえば、棟板金いうのがあります。これは屋根を固定している部分のことです。ここのくぎなどがゆるんで発生しやすいです。他には、スレートという部分や屋根の瓦、漆喰という沖縄などでみられる屋根の様式部分、ベランダなどがあります。脆い屋根であれば屋根全体に穴が開くこともあるので気をつけなければいけません。